あの辛くて苦しかった3月3日からずっと、春の陽気に恵まれた晴天が続きます。

クーは、翌日3月4日に、荼毘に付されました。
一晩経過した遺体は、筋肉が緩むのでしょうか、
険しかった表情がウソのように、穏やかな優しい可愛いものに変わっていました。
体は冷たく硬くなっても、豊かな被毛はしなやかでつややかなままで、
その横たわる姿は、普段の寝姿となんら変りなく、
今にも起き上がって欠伸しそうな、そんな錯覚を覚えました。

見晴らしの良い、ペット専用火葬場で、雲一つない青空に向かって、
細い煙が昇ってゆきました。
残された真っ白な骨を、私と長男で拾って、
小さな美しい骨壷に納めて、我が家へ連れて帰りました。

49日が過ぎたら、クーが大好きだった庭の岩のそばに、埋めてあげよう。

クーは、心筋症で、その明確な症状が出たのが2月9日でした。
後足が一時的に麻痺し、麻痺はすぐ治ったものの、
それ以降、呼吸が早くなり、日を追って弱っていきました。
人目を避けて、ずっと、じっとしていました。

もがき叫ぶほど苦しかった、最後の9時間、
時々正気に返って、シャンと起き上がって周りを見回す姿が、立派でした。

気性が真っ直ぐで、誇り高く、寛大で可愛らしく、聡明な猫でした。

毎朝、小走りに駆けてきて、必ずその日一番の爽やかな態度で、
「おはよう!」
と、挨拶しました。私は、
「ああ、なんて前向きなんだろう。猫ながらタイプ3だなあ」
と、感心したものです。

4歳の時、子どもを産んで、それも安産で育児上手で感心しましたが、
それ以降の、幸せオーラの強さには圧倒されました。

外見も、ゴージャスで神々しい美猫でしたが、
何よりも、発せられる幸せオーラの強さに、
私は、どれほど心救われたか分かりません。

今年の冬、必ず家族のヒザの上に乗って甘えてきたのは、
体調が不安で、お別れの予感があったからでしょうね。
その表情は、
「ありがとう。私、本当に幸せだったよ。